fc2ブログ
焦る気持ち全然ないんだよね★日経エンタテインメント③
智くんへ






札幌も無事終了!!



お疲れさまでした~





今ね、翔ちゃんが頑張ってる。


翔ちゃんの姿を見て、無事なのを見て安心する。




翔ちゃん、すっげーな・・・




って、智くんも今見てるかな・・・??








今日は「日経エンタテインメント」の個人ページを少しずつだけ。





相葉ちゃん。




♪Disco Star



アクの強い曲だから、「今回はこういうのじゃないんだよな・・・」って外してたけど、忘れられなくて、気が付いたときには「こっちでいきたい!」ってなってましたね。




ってくらい思い入れのある曲


今の僕が1曲で表現するとしたら、みんなで盛り上がりたいというか、やっぱり笑顔になってもらいたいと思ったので、一生懸命ふざけてます(笑)。


相葉ちゃんの想いがちゃんとみんなに伝わっているようですね。



♪Disco Starが良かった。楽しかった。っていう感想いっぱい見ました



WSで、今年もソロが少しずつ映るかな・・・?雰囲気だけでも早く見たい






翔ちゃん。



たぶん一生、僕は"ファンの方たち"としか呼ばないと思う(笑)。


その呼び方が一番感謝が伝わるんですよ。



いい大人になってしまったのに今さら命名するのは恥ずかしいでしょ?


嵐はそれを決めるタイミングを完全に逸しました(笑)。





んふふ私もね、多分一生"嵐ファン""嵐さんファン""智くんファン""智担"としか呼ばないと思う。



"智担"の響きが好き。智くんを纏ってる感じで好きなんです。





二ノちゃん。




大野さん?彼は彼で思うところ、色々あったんだと思う。

一説ではあれで好感度上がったとか言われていたけど、

「待ってください、彼も決して好感度低くないですよ?って言いたいですね(笑)。

ああいう人ですけど、ちゃんと支持していただいて、いろんなことやらせてもらってるんですから。




んん~?智くん、一説でそんなこと言われてたの~?



二ノちゃんの愛情が嬉しい


自分は言ってもいいけど、他の誰かがどうこう言うのは許さない的な愛情



私の中で最も好感度が高いのが、智くんなんだからね!!

すっごく支持してるんだから


そして、ニノちゃんはいつも私に不安も与えてくれる



経験あるやつが、いつまでも同じ仕事やっちゃってたらダメなんだよね。

自分たちが次にバトンを渡していかないと。

エンタテインメントの世界は常に新しくていいものが周っててほしいから。




物事には変化や区切りってのが必ずある。





分かってる。分かってるけど・・・。

必要としてる人たちが大勢いるうちは、形を変えても週2時間は嵐さん5人でいるのを観させてほしいな




潤くん。




書き手の愛情を感じたね!!


「どうかインタビューを最後まで読んでほしい。」


「最後の件でもっと彼のことが好きになるはずだから。」


そんな事言われたら、先に最後だけ読みたくなっちゃうんだけど書き手の意図を読み取りたくて我慢・・・。




嵐というフィールドを使って自分たちが新しいもの探しを楽しんでる感じです。


毎年2種類のライブをやらせてもらえることのありがたさと、年に2つもメニューを作んなきゃいけないという大変さ(笑)



潤くん、常にアンテナ張って、「嵐」のためによりいいものを模索してるんだろうなぁ。





ファンのためを思って、公演回数を増やす。

来てくれた人にはより近くに感じてもらえるように色々考えてくれてる。


嵐さんはホント優しいんだよなぁ




そして、智くん。



悔いも含めて全部、「あの時あれがあって良かったんだろうな」と思えるんですよ。

だからやり直したい年もないし、全部に意味があってのこの気持ちなんだなって。




うん。そうだね


今、そう思えるくらいに・・・。智くんの心が満たされていることを、自分を肯定できることを、

心から嬉しく思う。






5人の個人ページを読んで感じたのは、嵐さんみんなの「心の余裕」。


いろんな経験をして、手探りで色々やってきて・・・


お互いよく知らないし、信頼感もないし、ただふわふわしている5人がそこにいるだけ。


そんな5人が15年の時を経て、お互いをよく知って、信頼しあってて、自信をもって立っている。


経験の積み重ねが「大人の余裕」となって、嵐さんみんなをよりステキに感じさせてくれます。






心に余裕のある人は強い。


だから安心して、これからもついていくよ








押していただけると嬉しいです


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2014/12/15 01:41 ] | 雑誌 | page top
| ホーム |