fc2ブログ
恋とはどんなものかしら?
智くんへ





智くーーーーーーーん

終わっちゃったよ~~~

終わっちゃったのーーー

月9がぁぁぁぁぁぁぁぁ


大好きだったのにぃぃぃ



すごくすごく良かったの!!

私が観た中では、今クール1良かったの。



巧と依子が乗り合わせたバスで、出会った奥様にね、言われたの。




恋は楽しいもの・・・?それはホントに恋なのかしら・・・?


私にとっては、恋って、とっても恐ろしいものね。
いったん踏み込んだら最後。
永遠に続く底なし沼。
恋をして幸せになった人なんているのかしら・・・?



どきーーーーーーん


ってしたの。

だって思い当たる点がありありだから!!



智くんに恋をしている

すっごく楽しい!!

幸せ!!


でもね?
叶わない想いに・・・辛くて苦しくて、どうしようもなく涙が出ることもある。

想いのやり場がなくて、
想いが体中から溢れ出て、
涙となって、ボトボトこぼれるしかできない時もある。

誰か・・・助けて・・・!!
「私」がおかしくなっちゃった・・・!!

って、思ってた。

ちょうど1年くらい前はずっとそうだった。

で、自分を助けるために、この部屋を作ったっていうのは、1週間くらい前に書いたよね?


「恋はしない。」って決めてたから(子供もいるしね。)
思いがけずに恋をしてしまって、
恋の仕方も忘れてて。

何の装備もしてなくて
うっかり近づいたら

ココロがどーーーーーーんと捕らえられてしまった。

まさかアイドルに恋をするなんて、私に限って絶対ない!!
って思っていたし、
智くんは、癒し効果な存在でしかなかったのに、

気づいたときはもう遅かったね

底なし沼にハマってから気づいたんだから。



「デート~恋とはどんなものかしら~」に話を戻しますね
観てない人にはホント、「???」でしょうが・・・。

開始45分過ぎからの、巧と依子から紡ぎだされる言葉たち。

それはもう・・・すべての言葉がたくさんの「好き」という気持ちの表れで・・・

圧巻でした!!

こんなに深い愛情があるんだ・・・!!

不器用な二人の、精一杯の相手を思いやる愛情に・・・

ただただ号泣・・・




いいドラマに出会えました



次の月9は「ようこそ、わが家へ」
相葉ちゃんですね(≧▽≦)

楽しみです!!


そして、智くん?
こんな恋に熱いドラマの途中で、「アレグラ」のCMに出会ったんだけど、
これは、運命ではないのかしら・・・?


いつだって、何かの時には、必ず智くんを思い浮べる何かに出会うのだけど、
これは、運命ではないのかしら・・・?


んふふ恋愛はできないかもしれないけど、

きっと智くんのコトを好きになる運命だったね。


恋におちる相手は、法則で決まっているそうです。(「デート」より。)



智くん「と」恋がしたいな






押していただけると嬉しいです


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2015/03/24 01:47 ] | 大野智さんへの手紙 | コメント(0) | page top
拍手コメントありがとうございます
詩音 さんへ



コメントいただきありがとうございます


合格おめでとうございます

いいですねぇ!!東京!!!!!

番組協力も気楽に申し込めるでしょうし、ロケ地にも行きやすいでしょうし、
ばったり会うかもしれませんし
何より、同じ空が見れるのが、いいですよね

(今日はいい天気)
(今日寒い!!)

とか同じように感じられるので、羨ましいです!!



そして、

同じ気持ち、という人に出会えると、とても心強いです

(大好き!幸せ~!)ってなったり、
現実の世界に戻って、
(なんでこんなに好きなのに、何もできないんだろう・・・。辛い・・・)ってなったり・・・
毎日そんなことの繰り返しです


これから東京での生活が始まり、新しい出会いがたくさん待っていることでしょう!!

智くんを超える人はなかなか現れないかもしれませんが、
(この人だ・・・!!)と思う人に出逢えるかもしれません

それまでは、智くんにどっぷりハマってていいと思います


詩音さんのように若い人はもちろん、
それなりに恋を経験してきたたくさんの先輩方が
智くんのコトを大好きで、応援しています。


だから・・・私たち、男を見る目はあるんじゃないでしょうか
んふふさらっと、先輩方じゃなくて、若い詩音さん側に自分を入れちゃいましたが


東京の生活、楽しんで!!

ばったり智くんに逢えますように・・・!!
そこから恋が始まる可能性だってあるんですからね!!


この後の記事で、まだ恋について書きますので、良かったら見てみてくださいね



智稀




なみ さんへ

コメントお返事書いてます。該当ページのコメント欄をご確認ください。


[2015/03/24 01:20 ] | コメントくださった方への手紙 | コメント(0) | page top
| ホーム |