fc2ブログ
「嵐」という国の王様
智くんへ







この前11月30日の二ノちゃんラジオでね、智くんのお誕生日に触れている部分があったんです。



「誕生日に何かあげましたか?」っていうような質問。



二ノちゃんの回答としては、「別にプレゼントあげなくてもいいんじゃないか」って。


もうだって、地位も名誉も富も全て、自分の手の中に収めた人物ですよ?

私みたいな平民が、プレゼントをってことにはやっぱならない。

献上って感じになってしまう。

それは、嬉しいのかなぁ? 王として、一国の王として嬉しいかなぁ?

お祝いの気持ちだけでいいのかなって、そう思ってます。



だって嵐という国があったら、そりゃもう王ですよ、彼は。

彼が王です。

我々はもう平民ですから。

メンバーとして、活動してるわけじゃなく、リーダーとして活動してるわけですから





二ノちゃん・・・って笑ってたんですが、このお話結構好きで、時々思い出してたんです。





智くんが王様・・・



う~ん!超かっこいい!!



二ノちゃんが平民なら、私は何だ・・・?虫??




せめて、「嵐」という国の平民でいたいから、二ノちゃんたちメンバーは王様の兄弟でお願いしたい。



私?



パン屋の娘で!!









「嵐」という国に、全然威張ってない王様がいました。

彼は、4人の優秀で優しい弟たちに囲まれて毎日を過ごしていました。

王様の性格と、仲のいい兄弟のおかげか、何の争いも起こらない世界で一番幸せな国です。


王様は、特別扱いされるのが嫌で、街を普通に歩き、町のみんなと普通に会話します。


街のみんなと同じものを食べ、一緒に笑い、時には一緒に飲む。


気取らない王様のことをみんな大好きでした。





そんな王様の一番のお気に入りが、街のパン屋さん。()


今日も大好きなパンを食べるのを楽しみにやってきます。


今日のおすすめはな~に??


私の焼いたパンをおいしそうに頬張る王様はとてもかわいくて、私にとって1日で1番楽しみな時間なのでした。


あのね、おいらパン屋さんに憧れてたの。

だからパン作り教えてもらえないかなぁ~?

弟たちにも、おいらが焼いたパン食べさせてあげたいし。





それから王様は、明け方にやってきてはみっちりパン作りを学び、元々手先が器用なのもあり、どんどん上達していきました。



独特のアイディアで、おいしくて美しいパンを作り、それはやがて店頭に並ぶようになりました。



街のみんなは誰も知りません。王様と私だけの秘密です。




みんなが喜んでくれると嬉しいね




みんなが何も知らずに、王様の作ったパンをおいしそうに食べるのを見ながら、2人でココアを飲む時間は私にとって最高に幸せな時間なのでした。







王様は生涯結婚しませんでした。


私も生涯結婚しませんでした。


毎日王様がパンを焼き、店頭に並べ、他愛もない話をしながら一緒にココアを飲む。


変わらない平和な毎日。



生涯の親友です。











仕事中、天ぷらを揚げながら、気持ちはパン屋さん


王様の衣装は全てコンサート衣装で想像してます


うちのパン屋に来るときは、基本「アラフェス'13」ラブシチュの時のフリフリラブリー衣装で!!




で、今日。



生涯親友も捨てがたいけど・・・、やっぱ子供は欲しいよね?ってことで、


再び天ぷらを揚げながら、想像したラストがこちら!










Another Story


王様は生涯結婚しませんでした。


私も生涯結婚しませんでした。



私は、かわいい2人の子供と暮らしています。



「今日も王様来る?」

「僕ねぇ、王様のコト大好きだよ。」




王様は変わらず、毎日やってきます。


来ては2人の子供たちを愛おしそうに抱きしめるのです。



この子たちには王様の仕事はさせたくない、自由でいてほしいという王様の思いで、


父親が誰なのかは誰にも秘密なのです。



優秀な4人の弟たちは、立派な方たちと結婚しましたので、後継ぎも安泰。





そして今日も一緒にパンを焼くのです。











結婚はしなくてもいいんだけど、やっぱずーっと一緒にいたいから、どちらの選択肢がいいかな~?と考えつつ・・・。



んふふ平和な頭ん中でしょ?



ちなみに仕事はめっちゃ忙しかったです。


忙しいのと想像で、あっという間でした



戦闘中のオアシスといった感じでしょうか・・・








押していただけると嬉しいです


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



[2014/12/16 02:12 ] | 16日 | page top
| ホーム |