fc2ブログ
女を喜ばすような嘘をつくなんて無理だよ
智くんへ





告白します。



実は・・・



今日・・・・



初めて観ました。




え・・・?なにを・・・?


んっと・・・



えっとね・・・?




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・世界一難しい恋





えへへ。
観てないんだから、そりゃ何にも更新できないわ(笑)(開き直ったーーー!!!Σ(゚Д゚))




いっろーーーんなご都合があって、
子供も観たい、言い出して、

忙しい子供の観れる時間。
私の心の準備ができてる時間。


これがやっと今日だった。



しかし、またいっろーんなご都合があって、
まだ30分観ただけなの。



でも、もう早く感想を言いたくて!!

あ、世間ではもう4話よね?



私は4月13日放送分の30分のみの感想だけど、
書くね?



あのね。


好きかも!!




はじめはね、
(こんな社長イヤ~(≧◇≦)
細かい人キラーイ!!
この人のホテルは綺麗で泊まりたいけど、
この人の下では絶対に働きたくない!!(≧◇≦))
って、思ってた。



でも、そうね。


始まって8分。


「今のはダジャレですか?」ときく美咲さんに、


うるさいっ!黙れ!!



の言い方と表情を見た時に


あーーーーーー・・・


いかん。



好きだわ。


私。


この社長好きだわ・・・。




智くん、このドラマいけるわ。

って思ったの。



かわいすぎるぜ?



で、次のシーン、キノコを撮る社長。


あーーーーーー・・・なるほど・・・。

なんかの雑誌であったよね。


智くんときのこのグラビア。



なんだろう・・・このシュールすぎるグラビアは・・・


って思ってたけど、答えが出たわ(笑)





で、この社長好きだわ、って思った感情も、
お見合いの



あまりにも腹が立って、割り勘にしてやったくらいだ(笑)


の(笑)部分にイッラーってなって、


(なに、こいつ・・・やっぱ、きっらーーーい(≧◇≦))




ってなったんだけど、
秘書とのやり取り中の社長見てたら

(いや・・やっぱかわいいわ・・・)


ってなって、



女を喜ばすような嘘をつくなんて無理だよ


なんて言ってたのに、
少しだけ秘書の助言に従って
次のお見合い頑張ってみたら・・・


「えぇ。無口で不気味だった、と。」



断られてる( *´艸`)




後部席で丸くなってる社長見たら・・・



うわーーーーーん(≧◇≦)かわいーーーーー!!!!!

抱きしめたいーーー!!!(≧◇≦)





と母性本能くすぐられつつ・・・


今日観たのはここまで




次はいつ観れるかな・・・?




や、私ね、絶対ないけど、あのドラマの中に入れるなら、
秘書役やりたーーーーい!!って思ったの。



しゃちょーに愛ある助言しまくりたい(≧▽≦)

一番かわいいしゃちょー見てたい!!(≧▽≦)






超遅れ遅れだけど、

また叫びたくなったら感想書くね




まっちさんへ



お返事書いてます♪
「続きを読む」からどうぞ


智稀





押していただけると嬉しいです


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
まっち さんへ



GWもなんだかあっという間でした
ほぼほぼ出かけてませんね~・・・。


「恋をすると綺麗になる」ってのはホントだと思う!!
恋の相手は芸能人だけれど、同じ効果はありますよね♪
かわいくありたい、綺麗になりたい、っていう意識になりますもん。

たくさんの人に恋をさせるお仕事がアイドル。

たくさんのヒトが智くんに恋をしてる。


すっごーい功績ですよね

それでたくさんのヒトが頑張れる。
どこか守られているような気持になる。


智くんにはホントに随分と助けられてきました。

出会えてよかった。


子育てひと段落ついたら、あとは自分の時間。
やりたいことはどんどんやっちゃいましょうね♪

うちは、大学資金貯めつつですが、
今年に入ってから「やりたいことはやろう!」と結構遊んでいます。

たぶん今年が、一番自由なのかな・・・と思ってマス。
来年は受験に入っちゃいますのでね。

まっちさん。

私、広島行ってきますね
ドームツアーでは、まっちさんの当選を祈ってます


智稀





嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



[2016/05/05 23:35 ] | 世界一難しい恋 | コメント(0) | page top
<<今から行くね。 | ホーム | ぱーふぇくとひゅーまん★しやがれ2016.4.30>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |